読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えのきどブログ

Twitter ID : @an_orchid の ブログ.

各種投資信託と為替の相関係数の比較をしてみた

各種投資信託と為替の相関係数の比較をしてみた。円高に強い投信を探すことを目的としている。今回だけでは結論は出せないが、意味のある試みであると考える。

 

各種投資信託(国内株式、国内債券、先進国株式、新興国株式)*1の選定にあたっては、割といい感じなんじゃないかと思うものを選んだ。

選定基準は、

・インデックスファンドであること

ベンチマークとの乖離が少ないこと

を基準とした*2。しかし、もっといいファンドもあるかもしれない。ご存知の方がいれば教えていただきたいと思う。また、どの期間かによっても変わってくると思う。

ベンチマークとの乖離についてだが、手数料が低い投信、トラッキングエラーが少ない投信は、ベンチマークとの乖離が小さくなる。よく残高についても注視すべきと言われるが不勉強なので自分はなぜ残高を気にすべきなのかよくわかっていないが、残高が少ない(=規模が小さい)とトラッキングエラーも起きやすいということなのではないかと考えている。

 

さて、本題に入ると、各種投信とドル円相関係数を求めたので次に示す。たわら先進国株式の設定日2015/12/18を基準(=10000円)とした。

表1. 各種投信と相関関係*3

ファンド名ドル円との相関係数
One-たわらノーロード 先進国株式 0.6009
SBI-EXE-i新興国株式ファンド 0.3028
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド -0.7895
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド 0.7396

 

エクセルのCORREL関数を用いた。

相関係数の定義から、平均値が影響する。しかし、投信は価格(価額)は関係ない。しかし、基準価額の大小によって相関係数は変わってしまう。とりあえず全て10000円スタートに揃えた*4

対象期間をたわら先進国株式の設定日2015/12/18にしたのは、たわら先進国株式が最も新しい投信だったため。対象とする期間を変えればまた結果は変わったと思う。

 

 というわけで、2015/12/18の基準価額を10000円としたときの基準価額と、ドル円の推移を次のグラフに示す(期間:2015/12/18~2017/03/03)。

f:id:an_orchid:20170304231012p:plain

水色:たわら先進国株式

オレンジ:SBI新興国株式

灰色:ニッセイ国内債券

緑:ニッセイ日経225

黒:USDJPY

ちなみに、2015/12/18の為替は1ドル=121.24円、2017/03/03は1ドル=114.01円だった。


国内債券のドル円との相関係数-0.7895から、国内債券は円高に強いと言えそうだ。しかし、グラフを見ると、負の相関があると言うよりは、ドル円の動きとは無関係に国内債券Fの価額が上昇しているように見える。マイナス金利の影響で国債金利が下落(価格は上昇)したのが原因で、ドル円とはほぼ無関係であるように思える。たぶん、相関係数は過信しない方がいい。

先進国株式は相関係数0.6009と、相関が認められるが、新興国株式は相関係数0.3028と、かなり小さい値となった。為替ヘッジなしなので為替の影響を受けるが、ドル以外の通貨もある。そのことが原因しているのだろう。また、円高で目減りする以上に株価上昇があった可能性もある。ドル円以外も見る必要がありそうだ。

日経平均は、よく言われているようにドル円との相関があって、これはグラフからもそのように読み取れる。日本の企業でも円高で株価が上がる企業もあるが、225社の構成銘柄には円安で株価が上がる企業の方が多いため、円安で株価が上がり、円高で株価が下がる傾向にある。しかし、細かく区切ると、ドル円日経平均が良く連動しているところと、あまり連動していないところがある。

 

*1: 各種投信として、国内株式、国内債券、先進国株式、新興国株式をチョイスしたけど、本当は国内REITとか先進国債券とかも調べてみたかった。ただ、毎月配分型で基準価額がわかりにくかったり、単純に国内REITや先進国債券の知識がなくて選べなかった。

*2: と言っても隅から隅まで調べたわけではないので悪しからず。ベンチマークとの乖離を調べたらそれだけで立派な記事が書けそう。そして大変そう・・・。

*3: (2017/3/5追記)どの組み合わせに対しても相関係数を求めたものを次の表にまとめた。

 USDJPY先進国株式新興国株式国内債券国内株式
USDJPY -        
先進国株式 0.6009 -      
新興国株式 0.3028 0.8997 -    
国内債券 -0.7895 -0.5171 -0.3563 -  
国内株式 0.7396 0.9128 0.7989 -0.7314 -

MUFJではだいぶ数値が異なるので参考にされたい(*期間も違う)。

(参考)各ファンドの相関係数 | eMAXIS

*4: 統計処理としてこれが適切なのかよくわからない・・・。